のの☆ 読書&写真が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 「剱岳 点の記」「孤高の人」「氷壁」

<<   作成日時 : 2012/10/01 00:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 30

画像


山岳小説が続いてます。
8月に知り合いの割烹やさんに 何年かぶりに行った時、店主から「山に行ってるかい?」って聞かれ
うんうん 行ってるよって話をしてて その際に「これ あげるよ。映画で見るより面白いから」って渡されたのが
「剱岳 点の記」
登ってはいけない山 針の山 そう言われて 地元では避けられていた山
山や谷の名前が出てきても 私にはよくわからない。測量の技術的な話もいっぱいでてくるのだけど それもよく理解できない。
それでも ひきこまれるように読んでた。映画とはまた違った新鮮な面白さがあった。
もうすぐ読み終わるかな・・と思った時にこしのしらやまさん のブログで「孤高の人」「氷壁」が紹介されていた。
その記事を読んだら 読みたい!って思ってすぐ注文。(^^ゞ
そして 孤高の人を読み始めたら 寝る時間も惜しいくらい のめり込んでしまった。
「単独行の加藤 文太郎」 昭和初期の話。なんて不器用な人なんだろう。読んでいてもどかしくて もどかしくて・・・(^^ゞ
でも そんな不器用さ。わかるような気がする。今では 誰にでも気軽に声をかけれる私だけど 昔はこうじゃなかった。 中学 高校 人と仲良くする事が苦手だった。仲良くなった人は少しはいるんだけど その人達以外には 自分から話しかけるなんて とっても出来なかった。常に自己嫌悪との葛藤かなぁ。。。
小説の中で 加藤の心の中のつぶやきが 手に取るようにわかる。私だって ある時期 何度 口に出せずに言葉を飲み込んだことがあったか・・今の私からは 想像出来ん。。とよく言われるけどね あはは。

昭和初期 山登りは限られた裕福な人達のものだったのか。。。冬の山荘に泊まるには 持ち主の許可を得て ちゃんとした案内人を雇い お金をかけないといけなかったなんて 全く知らなかった。
今 低山ばかりしか登らない私だけど 山には自由に行けるのが有難い時代なんだな。
そして 最後には 泣けてくるような結末が。。。

単独行にこだわるには それなりの努力の人だった。色んな事をシュミレーションして それに合った修行をつむ。
山登りは全てにおいて 自己責任。思い知らされることばかり。

そしてその勢いで「氷壁」へ〜 最後はまさかの展開だった。
・・・で また この勢いで「神々の山嶺(いただき)」を今日から読み始める←はまりやすい(^^ゞ

「何故 山に登るの?」時折 聞かれる。
何故なんだろう。そういう問いに答えなんかあるんだろうか。
低山しか登れないけど それでも足が上がらない急登があったり 息があがって早く進めなかったり。
そんな中で 素晴らしい景色に感動し 山の花を愛で 心地よい風に吹かれ。。。それで充分かな
初心者の域からは 抜け出せないままだけど 山に行く時の胸が高鳴る気持ち。
やっぱり恋かなぁ。。うふふ 


画像

今日は ブログ友のひろしさんと富山の人と 鈴ヶ岳 大日山に行く予定だったけど 台風の影響で雨予報だったので 中止。
午前中 友達の所に行って 午後から ひろしさんのお誘いで 久しぶりに大乗寺の坐禅会に参加する事になった。
ぎりぎりに着いたので その時には彼岸花の写真を撮る時間がなく 坐禅が終わってからは ひどい雨で遠くからしか撮れなかった。。。

坐禅が始まる時 僧侶から「背筋を伸ばして あごをひいて・・・」と説明があり「無になることは考えなくていいです。色んな事が思い浮かぶでしょうが・・・心は・・・ほっといて下さい。姿勢を正すことに集中すればいいです」と そんな言葉があった。
今月 ひとつ問題を抱えていた。そして昨日 ある結論が出た。そんな時だったから 坐禅会に参加出来て良かったと思う。
結論が良かったのかどうか まだ少し悩んでいた。静かな時間で 鳥のさえずる声が聞こえ それが雨音に変わった。心に浮かぶ事を ほっとく事は出来なかったけど マイナスには考えることはなく少しずつ明るい光が見えたような気がした。

画像

彼岸花 マクロレンズで撮りたかったなぁ。。。。でも土砂降りだったんだもん。。。←まだ言ってるよ(^^ゞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
彼岸花がいいアクセントになってますね。
いつもは土手で見かけますが、平地でも咲くので
新鮮でした。
ぜんち
2012/10/01 09:03
のの☆さん

さすが読書家、山の本を3冊の読まれたとは・・。早いですね。本は映画「点の記」とまったく違いますか。

本は文章の中に読む人の想像、イメージでずいぶん変わるものですよね。

だんだん引きこまれ、次はどうなるのだろう?早く知りたく最後まで読まないと気がすまなくなります。

昨日は台風の影響で山を止め、大乗寺の座禅ですか。
いいですね。

頭のもやもやが少しでも取れたのではないでしょか。
あの座禅の後のすっきり感は最高ですよ。

座禅は頭と心を健康にさせてくれますね。
山男のつぶやき
2012/10/01 11:22
「剱岳、点の記」は映画で見ましたが本はまた格別でしょうね。「孤高の人」は本で読みました。しかし内容はすっかり忘れてしまいました…感動した記憶はあります。(笑)
のの☆さんは今、山のことしか頭になさそうですね。確かに恋かもしれません。
気楽人
2012/10/01 12:12
「剱岳、点の記」は、映画でやっていましたね。
測量の観点から興味を持ちました。
雨の日に、遠目から撮った彼岸花がもの悲しく
見えます。花自身は真っ赤に燃えた様な花だけど
なぜだかもの悲しく見えます。
多くの方々がこの花を上手に撮って居ますが、
私は、苦手な花です。何回撮っても上手く撮れません。
座禅。私も1度やってみたいです。
こんな雨の日には無心になるのも良いですね!
gochan
2012/10/01 13:21
ああ♪ののさん、記事更新されてたぁ〜〜♪
本のご紹介ありがとうございます。
ののさんは、情熱的ですね。
素敵です・・私も本読んでみたいなって思いました。
恋する気持ちは、ずっと持ち続けたいなって私は思います。
きれいな風景みたりして、感動したり、、素敵だなっていつも思っています。
お元気そうでよかったです♪
Sao
2012/10/01 23:27
ブログ「槍ヶ岳」の方にこころ温まるコメントありがとうございます。リコメしてます。
ぜんち
2012/10/02 07:46
「剱岳-点の記」読んで、剱岳の三角点触った時、この偉業に感動しましたよ!
山頂から長次郎谷(登頂ルート)をずーと眺めていました。
加藤等がビバッグした槍ヶ岳の北鎌尾根も恐怖と感動でじっと見つめていました。
氷壁のコースも歩いてみたいです。
でも、本では登山イゴール遭難そして死がいやになってきました。
次は別のジャンルの本読もうと思っています。ご推薦ありますか?
こしのしらやま
2012/10/02 21:16
ぜんちさんへ ☆
彼岸花は 今年初めて見ました。そんな季節なんだなぁ。。って思ったら 会社の近くの川の土手に いっぱい咲いてるのを今日発見!
明日は カメラを持って行って お昼時間に走って写真を撮りに行ってみようかなぁ。。なんて思ってました。でも 会社の制服だと すごい恰好も出来ないし・・・(-_-;)う〜ん 悩むところです
のの ☆
2012/10/02 23:59
山男のつぶやきさんへ ☆
本は常に なんかかんか読んでるんですが この山岳小説はとにかく早く読みたくて 私にしたら珍しく早いスピードで読みました。
山の名前さえ知らないし ましてや その山や谷がどんな所かもわからない私ですが 読んでるとイメージが頭に浮かんできます
山男さんなら 出てくる山の名前は すぐ思い出すことが出来るんでしょうね〜

坐禅会は 久しぶりでした。でも 相変わらず雑念が多いです(^^ゞ
何も考える事がないなんて事は 私にはあり得ないことなので それは仕方ないのかな
でも 静かな時間でした。雨が降って山に行けなくても こんなきっかけで 自分の心を確かめる事ができたのは 良かったと思えます。
のの ☆
2012/10/03 00:09
気楽人さんへ ☆
やはり映画で見ましたか〜 私も映画で見たんですが 香川さんが いい味を出していましたね!映画では 測量の技術的は場面はほとんどなかったような気がするんですが・・・←もはやはっきり記憶にない(^^ゞ
本の中では詳しい説明が出てました。
孤高の人は 最後は切なくなってしまいました。
山岳小説は 初めての分野なので ちょっとはまってしまって〜 しばらく抜け出せないかも(^^ゞ これもある意味 恋かな?
のの ☆
2012/10/03 00:15
gochanさんへ ☆
私も彼岸花の写真は ほとんど撮った事がないかな あの真っ赤な色は あまりに毒々しくて 避けていたかもしれない〜 
1枚目の彼岸花は 植え込みの中から 1輪だけ顔を出してる。
雨で背景も暗いから 物悲しく見えたのかもしれないね 
こんな派手な花なのに 1輪だけだと 一人ぼっちのような そんな孤独感が出ちゃうのかな。。。
坐禅では 無心には なれないです。次から次へと 色んな思いが湧き上がってきてしまう〜 修行が足りないからと言うより そんなものなんだと 開き直ってます〜
のの ☆
2012/10/03 00:22
Saoちゃんへ ☆
更新は 少ししてるんだけど なかなか 皆さんの所に訪問出来なくて〜m(__)m
スマホでちょっとの時間には 見に行く時もあるんだけど コメントを入れる時間がなくて ご無沙汰ばかりです〜 

本は 面白いですよ♪
私は情熱的かなぁ。。(-_-;)う〜ん←自分ではわからないようだ
すごく好きになれる本に巡りあうと ホントに嬉しい♪でも それを記事にするのが なかなか。。。(^^ゞ
感動を伝えるってホントに難しいわぁ・・
のの ☆
2012/10/03 00:41
ぜんちさんへ ☆
槍ヶ岳 登頂おめでとうございます。
コメントのお返事 ありがとう♪
私には 絶対無理な山だなぁ・・・・あぁ ウラヤマシイ・・・
のの ☆
2012/10/03 01:17
こしのしらやまさんへ ☆
ありがとうございました♪こんなにのめり込むとは。。。いい本をご紹介いただいてm(__)m 
剱岳を読んだ後に 剱岳に登られたんですね。本の中の心に残るシーンがリアルに目の前にくり広げられたのでは? 
私なんかは 山を語るのもおこがましいくらい 危険な山は行かないし 低山ばかりです。でも 低山といえども 何が起こるかわからないけど。
今 読み始めた「神々の山峯」は どうなんだろう。また 遭難=死の結果になってしまうのかなぁ。。
のの ☆
2012/10/03 02:47
晴耕雨読・・晴れた日は仕事(山)に、雨の日は読書に、まさに、そのパターンですね。
僕は最近、読書から遠ざかっています。

紅葉のシーズになって、山が色づくとまた、違った顔になりますね。
また、ご一緒しましょう!
ひろし
2012/10/04 08:37
剣岳…は映画だけ、山岳小説は全く読んでいませんが、私がはまったのは、「未だ下山せず」山岳遭難について詳細に書かれたこの本は、野外活動を行う上では、やはり読んでよかったなぁと思います。
最近だと、「岳〜みんなの山〜」って漫画が完結して、大泣きしてしまいました。
なかなか、文学を読めずにいますが、時には、山の外から山のことを思うのもいいものかもしれませんね。
私も、この秋、読書にチャレンジしようかなぁ
うさぎ
2012/10/04 13:18
ひろしさんへ ☆
読書は好きなので 常に何かしら本は読んでいるんだけど それものんびりペース(^^ゞ 
だけど この山岳小説は早く読みたくて 一気に読んでるって感じです。神々の山嶺は上巻が終わったところ。下巻に入りました。ますます面白い〜〜
秋の山は お花は少ないけど 山肌が赤や黄色に色づくと それだけで充分絶景ですよね 
今度こそ 鈴ヶ岳晴れて欲しいですね♪
のの ☆
2012/10/06 00:26
うさぎさんへ ☆
私も山岳小説は 初めて!うさぎさんの読んだ「いまだ下山せず」はどんな本かアマゾンで調べてみたら・・・(すでにおすすめの本の中に入ってました(^^ゞ)
ノンフィクションなんですね。私も読んでみたいです〜 
山の専門用語もわからないし 山の名前も谷の名前もなーーんにも知らない私だけど それでも山岳小説は しばらくやめられそうにないです(^^ゞ
「岳」は完結したんですか?最近 読んでなかった。13巻ぐらいまで読んだ記憶があるんだけどなぁ。。あの漫画を見て 映画も楽しみにしていて 「岳」見てきました。
のの ☆
2012/10/06 00:47
次の山の予定はどちらでしたか?
座禅会ですか いいですね 少し前にやってみたいと調べたことがありました
永平寺の1泊コースですがそれなりの料金がしますね 座禅じゃなくてもお寺とかの雰囲気は好きで観光じゃなくて やはり静かでじっくり時間を過ごしてみたいです
本を読むスピードがなれてなくて遅すぎですが 本は大好きなんです
映画で面白かったらから点の記お奨めなら読んでみたいですね
今日は火燈山に登ってきました 日差しがなく汗をかいて休むと体温調節が悪いので寒くなるのですぐ降りました が良かったです 紅葉の時期もまたいきます
ゆう
2012/10/06 20:55
ゆうさんへ ☆
巷では 3連休でしたが 私は7日の日曜日に休みをもらって 山の会で西穂山荘まで行ってきました♪
ロープウェイはすごい人でした〜 お天気は最初は良かったんですが だんだんガスがかかってきて山荘に着く頃は真っ白。展望はダメでした(T-T)
なので 写真はほとんど撮れなかったです。
少しだけの写真ですがまた近々アップしますね。
若い頃は お寺とか全然興味なかったんですが・・・歳のせいでしょうか(^^ゞ
永平寺には 1泊コースがあるんですか?大乗寺にも 多分あるんでしょうね
40分の坐禅。雑念だらけなんだけど時間はあっと言う間に過ぎてしまいます。でも 1泊コースだと 坐禅以外にも僧侶の1日の仕事を同じようにこなさないといけないんだろうなぁ 多分私には無理だろうな。

本は一度のめり込むと 同じようなジャンルの本を続けて読みたくなる癖があるので また何冊か注文してしまいました。
神々の山嶺もすごく面白かったです。今日で読了しました。すごいスケールで書かれていて 最後には またウルウルになってしまいました。
火燈山 行かれたんですね 6日は日中は暑かったですね〜 
紅葉は今月末か来月初旬が見ごろかな?
今度の休みは14日で 晴れたら 鈴ヶ岳 大日山に行く予定です♪ 
のの ☆
2012/10/09 01:19
山岳小説、DVDともに就寝前に読んだりしてます!
やはり新田次郎さんの山岳小説はお勧めできますね〜。
最近は遭難小説を良く読んでます。
最近は新田次郎さんの「聖職の碑」を読みました。
DVDのお勧めは「運命を分けたザイル」あたりでしょうか。
そうそう
私が剱岳に登るきっかけとなったのが点の記でした。

8日に薬師岳を日帰りで歩いてきました。紅葉も綺麗にはじまっていて
目の保養ができました。近々ブログにアップします!
鈴が岳〜大日岳って紅葉は綺麗なのですかね?

ざわちゃん
2012/10/09 13:06
『岳』は18巻で完結しました。
久々に、号泣しました。。。
映画は、山の映像がきれいでしたね!
うさぎ
2012/10/09 13:33
ざわちゃんさんへ ☆
予定通り 薬師岳 行かれたんですね!お天気 最高じゃなかったですか?
ざわちゃんさんは 晴れ男??先日のジャンダルムも3日間ともいい天気でしたよね?あ・・・人形山は雨でしたか・・・(^^ゞ
写真 楽しみ〜〜〜♪

山岳小説は 初めてのジャンルです。神々の山嶺も昨日 読了しました。
アマゾンで注文した3冊のうち 今日1冊が届いたので 今日からは 笹本稜平の「天空への回廊」です。あとはうさぎさんお勧めの「いまだ下山せず」それと「還る場所」 届いたら順番に読んでみたいです。
DVDは最近 全然見てないんだけど ざわちゃん おすすめのを 今度探してきますね!
以前 ざわちゃんさん 宇江佐さんの本を山に持って行ったって記事に書いてあったかと思うんだけど・・私も宇江佐さんのお江戸小説 大好きです(^^ゞ
のの ☆
2012/10/09 22:39
うさぎさんへ ☆
「岳」18巻まで!いつの間にそんなに出てたのーーーー
ゲオとかに貸本であるかなぁ (-_-;)う〜ん 読みたい・・・
映画の映像 確かに綺麗でした♪
先日までテレビ番組で「サマーレスキュー 〜天空の診療所〜」ってあったでしょう?あの番組 楽しみにしてた。山々が綺麗なんだもん♪
終わってしまってがっかり〜〜〜〜
のの ☆
2012/10/09 22:45
僕の故郷には可睡斎という修行道場のお寺がありました、金沢には大乗寺。
それだけの事なんだけど、なんとなく共通したイメージがあります。
彼岸花はお寺では植えているのかな??、庭の「あったら似合う処」に咲いてますね。
調べるとほんの一時、鮮やかに咲いて、冬の間は分厚い緑の葉っぱで過ごし、春〜夏は姿を見せないのだそうです。その場所に居る、そして咲く時を間違えない、感心します。
NAO310
2012/10/09 23:45
西穂山荘でしたね いったことあります
大乗寺毎週座禅体験 金沢にはよいとこがありますね 調べたら同じ曹洞宗 大本山永平寺の禅僧が開いた寺のようですね やりたいけどちょっと遠いなぁ
永平寺は禅寺 3泊4日がメインらしいです 
今度の鈴、大日は晴れますね 紅葉の時妻と泊りで行きました 大好きな道と山です
火燈 急遽時間ができたので2日後また行ってきました
ゆう
2012/10/10 19:12
NAOさんへ ☆
可睡斎は お正月に帰省した時に いつもNAOさんが行かれるお寺ですね?
HPを覗いてみたら 大乗寺と同じような半日コースの坐禅もあるようで 坐禅堂も立派ですね。大乗寺は昔からあるお寺なので 古い佇まいです。
私は坐禅堂しか見てないので よくわからないけど そんな大きなお寺ではないと思ってます。
以前に行った時は季節が違うので 今まで気づかなかったのか 大乗寺の彼岸花は初めて見ました。
そっかぁ 姿を見せなかったのね〜 でもちゃんと季節を感じてるんだね。
のの ☆
2012/10/12 00:11
ゆうさんへ ☆
西穂山荘は 8日だったらきっと絶景が見れたのではないかなぁ・・・と思うのですが 残念ながら7日はガスの中でした。
でも 初めての場所なので 行けて良かったです♪また来年は もう少し足を延ばして 独標まで行きたいですね。私みたいな初心者はそこまでです。そこから先は上級者じゃないと無理なようです。

永平寺は 大乗寺のような半日コースは無いんですか?3泊4日になると かなりキツイのではないかなぁ。。。生半可な気持ちでは出来ないですね 私なんか絶対 無理〜
今度の日曜日は 何とか天気はもちそうです。でも 今年は 熊の出没の話が多いみたいなので。。それだけがちょっと心配です。紅葉が見れるかな
火燈山の近くを 先日山男さんも通ったようです。時間がなくて登れなかったようですが。。。
のの ☆
2012/10/12 00:24
のの☆さん
ブログの方にコメントありがとうございます。
医王山には、ムカゴ、クリ、アケビが沢山ありましたよ。スポーツセンターから禿山までの間です。
スケジュール合わず申し訳ありません。
20日(土)は、職場の行事があり全員出席になっています。
21日(日)は主夫の日です。
長く山へかかわっていたいので、家族との調和を重要視しています。
ぜんち
2012/10/16 05:44
ぜんちさんへ ☆
医王山は 身近にある山なのに 散策程度しか行ってないんです。登山口も色々あるし 富山県境の夕霧峠は いつか朝日撮りに行こうと思いつつ こんな秋になってしまいました(>_<)
ムカゴ飯 出来ました? どんな味なんだろうなぁ
栗ごはんは 大好きなんですが 家族で食べるのは私だけなので家で炊くことはないです。どうしても食べたい時は買ってきます。
21日は休みが取れたので(取らせてもらったと言うべきかな・・もう一人の事務員さんには いつも私の我儘を聞いてもらって感謝 感謝です)
家族の理解あっての山登りですね! 
うちは 娘が最近 よく料理をしてくれるので助かります。私の今日の代休は 娘が料理しやすいように キッチンの大掃除とラックを買ってあったので 収納とか 大改造←おおげさ(^^ゞ 広く使えるようになって私的には大満足〜
休みに山行きで1日空けるので 平日は仕事から帰ってからも 一仕事の毎日です〜
のの ☆
2012/10/17 19:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
「剱岳 点の記」「孤高の人」「氷壁」 のの☆ 読書&写真が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる