のの☆ 読書&写真が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 高橋 克彦氏の本に惚れこんでます(*^^*ゞ

<<   作成日時 : 2008/05/29 00:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

画像

去年の暮れに初めて高橋克彦さんの「火怨」を読んでから どうしても惹かれて仕方ない。
あれから「風の陣」「天を衝く」「炎立つ」「竜の柩」「隆魔王」「あやかし」「時宗」「5次元世界はこうなるアカシックリーディングー」・・・・
長編が多いので 6巻もある作品もあるけど とにかく面白い♪
他にも色んな方の本を合間に読むのだけど 常に高橋克彦さんの本が側にないと 何か寂しい(*^^*ゞ
今 読んでるのは「刻謎宮」これは4巻あるのだけど 今は2巻目に突入したところ。
たくさん読んでも 歴史に強くはならないけどね 多分 本に夢中になってる自分が好きなんだと思う。
時代小説を読んで何回か泣けてきて そんな感動できる自分が好き。って感じかな
でも読み出すと止まらなくなってしまうので ここまでって踏ん切りをつけるのがツライ〜
・・・で 寝不足になると翌日は 早々と爆睡してるし・・・(*^^*ゞ

今日の写真は 飛んでるサギ(種類はちょっとわかんない)を撮ったのだけど わかるかなぁ
飛んでると言うより・・・カメラを構えたら 飛んで行ってしまったって言うのがホントのところ。
近所のたんぼに サギが3羽。鴨と話をしてたのか 鴨をにらみつけてたのか・・・この鴨の両側に3羽のサギが立ってたのを見つけた。鴨はたった1羽だったので せわしなく右を見て左を見て・・を繰り返してたので 私はてっきりいじめられてると思ったんだけどね。
先日は ワンコの散歩で川沿いの遊歩道を歩いていたら 川に鴨の親子がいた。
子供がすっごく小さくて とにかくせわしない。親は大変だ(* ̄m ̄)くすっ
携帯で撮ったのだけど 小さ過ぎてよくわかんない。
たまには ワンコの散歩にも カメラを持って行こうかなぁ。。。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
高橋克彦さん…似たような名前の俳優さんがいたような!?…相当、面白そうですね。確かに本は読み出すと癖になるというか次々と続けて読んでしまいますよね。このところずっと手を出してませんが…っていうか気持ちに余裕が無いんです。(笑) のの☆さんは偉いです!

写真のサギはたぶんアオサギだと思います。カルガモはいじめられていたのではないと思いますよ。食性が違いますから。今度カルガモの子供を撮ってみてください。可愛いですよ。
気楽人
2008/05/29 11:17
 高橋克彦氏、故郷の仙台に近い盛岡在住の作家さんなので親近感があります。初期作品の総門谷は地元新聞(河北新報)に連載されていて、毎日楽しみに読んだ記憶があります。
 もっとも、東北からの視点というか、思い入れが息苦しく感じられることもありますが・・・ 
 オカルト好きというか、本気で信じこんでいるフシがあり、トンデモ系のご発言をするのが玉に瑕(笑)

サギの写真、なかなかのシャッターチャンスでしたね (^.^)
彩季堂
2008/05/29 11:57
忙しい中でも読書は欠かせないのですね、そんな余裕と好奇心が凄いなァと感心しました

僕の父は犬の散歩中にカメラを持ち歩いて、撮るのに夢中になっている間に犬はなにか拾い食いしたらしくて食中毒(かな??)で数日間ワンコがグッタリ・・なんてことが何度もあります
NAO310
2008/05/29 12:52
こんにちは。
お忙しいのに、読書も欠かさずされているのですね。
きっと もっと時間が欲しいのでは?

動く動物や子供なんかは、中々シャッターチャンスが
つかめず、難しいですよね。
私も先日、キジを見つけて撮ろうと思いましたが、結局
写せず終いでした(笑)

ログインしないとリンクが出ないようなので、貼っておきます。
http://urarakanya.exblog.jp/
これからも、よろしくお願いいたします。
koharu
2008/05/29 17:07
気楽人さんへ ☆
すごく面白いです〜 時代小説でも 次に誰がどう出るか もう((o(*^^*)o))わくわくしてしまって 早く次が読みたくて止まらなくなってしまうんです。
確かに気持ちに余裕がないと 読書も進まないですよね。私も3月4月は ほとんど読んでなかったんです。でもまた最近 復活♪
写真のサギはアオサギなんですね 以前にときめきさんのブログでアオサギを見たので もしかしたら・・って思ってたんですが 自信が無くて・・(*^^*ゞ
我が家の隣の用水によく来てたサギはもっと小さくて真っ白でした。このサギは 少し大きくてスマートでグレイがかった羽があるんです。
鴨とは喧嘩じゃなかったんですね(*^^*ゞ
のの ☆
2008/05/31 13:44
彩季堂さんへ ☆
高橋さんの本で初めて読んだのが 友人が貸してくれた「ドール」でした。これがすごく面白かったんですが その後全く読んでなくて「アテルイ」を読んでからが本格的にはまった感じです(*^^*ゞ 高橋さんの本はホラーも多いですがホラーはほとんど読んでないです〜 東北を舞台にした小説が多いのも在住だからこそなんでしょうね でも彩季堂さんは 息苦しくなっちゃうこともあるんですね(* ̄m ̄)くすっ それはその土地に馴染んでるからなんでしょうね
私なんかは 憧れちゃいます(*^^*ゞ
オカルト 私大好きです。オカルトと言うより 4次元5次元世界の話 摩訶不思議な話 精神世界の話 みんな好きです♪でも だからと言って 今生きてるのは3次元世界なので 地に足をつけてしっかり生きていますけどね♪
サギの写真は 偶然でした〜 ちゃんと写ってるかなぁ・・・ってパソコンで見るまでドキドキでしたよーーーーー
のの ☆
2008/05/31 13:55
NAOさんへ ☆
私の中では 好きな本を読むって言うのは ストレス解消の一つの方法じゃないかなって気もするよ それでも全く心に余裕が無くなるとそれさえ出来ないから またツライ。今はまた読書復活できて嬉しい♪
NAOさんの読書量とジャンルの幅の広さを考えると 到底私なんか足元にも及ばないけど〜〜
ももの散歩の時にカメラを持って行っても あの娘はすごい力で引っ張るから写真がぶれて大変(* ̄m ̄)プッ なかなか難しいです〜
多趣味なお父さんは カメラに夢中??今度帰省する頃には 写真集が出来てるかも!でもカメラに関しては NAOさんはお父さんより先生ですね♪
のの ☆
2008/05/31 14:11
koharuさんへ ☆
コメントありがとうございます♪
さっきkoharuさんのブログを最初からずーーっと見てきました!ネコちゃんの表情が どれもすごくいいです。我が家にはワンコがいますが ネコちゃんの方が表情豊かなんだなぁって感じがしました。我が家のワンコは カメラを向けると私の方に向かってすぐ歩いてきちゃうんですよ(┯_┯) ウルル 我が家のワンコでさえそんな状態なので 他の動物は難しくてほとんどまともに撮れた事がないです〜 (-_-)ウーム もっと勉強しなくては。。
前に住んでた家では よくキジを見かけました。隣の空き地ではキジの卵も見つけました。今の家は前の家のすぐ近くなんですが大きな道路が出来てしまってもうキジも見かける事はなくなってしまってちょっと寂しいです。あの「ケーンケーン」と言う甲高い鳴き声も聞く事はないです。。
時間がもっと欲しいと思うことは度々あります。出来れば 家事用の身体と仕事用の身体と趣味用の身体と・・←欲張りだってば(*^^*ゞ
これからも宜しくです♪
のの ☆
2008/05/31 14:30
高橋克彦、読破の勢いだね〜♪
私、ゴッホ殺人事件と、だましゑ歌麿、おこう紅絵暦、春朗合わせ鏡を、
積読本にしてます・・・。

キジ、結婚した頃は、うちの周りにもいたけれど、
いまはぜんぜん・・・森も林も、マンションになっちゃったもんな〜。

寝る時間は、確保してるけど、自分のための時間は、あんまりないねぇ。
もっと、上手にやりくりしないと・・・とは、いつも思ってるんだけどな。
ラビー
2008/05/31 18:03
ラビーさんへ ☆
ラビーさんも すごい勢いで読んでるね♪ ラビーさんが「ドール」を貸してくれたのはもう何年前だっけ?あの頃は 高橋さんが長編時代小説を書いてるって全然知らなかった〜〜 
前の家の時は 朝早い時間なんかにキジが我が家の前の道路を歩いていたりしたもんなんだけどね。。。今の家の周りも随分変わってきたし・・すぐそこに大きな葬儀場が出来てしまって 近くの田畑はほとんど駐車場になってしまったよ。家の周りで唯一残ってる畑が隣の2枚ぐらいかなぁ。。。ちょっと寂しいね
自分の時間って 頑張ってやりくりしても 細切れの本読む時間だよね
週に1日は なーーーんにも考えなくてよくて 家事からも解放されて自分の好きなことをする日にしたいなぁ あ・・・月に1日ぐらいはそんな日が取れるかも・・・(*^^*ゞ
でも やりたい事も行きたい所もいっぱいあると調整も大変だ(* ̄m ̄)くすっ
お手紙 ちょっと間が空いてしまったけど また書くねーーー♪
のの ☆
2008/06/01 00:02
こんばんは
ののさん、とても上手く写ってますよ
サギの飛行?シ−ンと鴨くんの表情がいい感じがします

忙しいのに、本を読まれている事に尊敬します
本に夢中て素敵ですね☆ 
あ〜る290
2008/06/01 01:03
お久しぶりです。
高橋克彦に没頭!ですね。
次々に読んでいくののさんに脱帽です。
以前、ののさんが紹介されていた「天を衝く」、読んでみましたよ。
ぐいぐい読ませますね。
最近は、なかなか時間が取れないのが悩みです・・・。
ときめき
2008/06/02 20:46
写真の鳥はアオサギじゃないでしょうか?
http://www.gakuto.co.jp/w/syou_rika/sagi.html

一瞬「あれ?カモに似たサギ?」と思いました。
カモくんもいたんですね。

あは、気楽人さん私と同じことおっしゃってますね(笑)
「サラリーマン金太郎」の主演は高橋克典氏
「トリビアの泉」の司会は高橋克己氏ですよー。
高橋克彦さんが「炎立つ」の作者だとは知らなかったです。
小説は読んでないけど、大河ドラマ見てました。
そのドラマで藤原経清を演じていた渡辺謙さんの
ファンになりました。当然だけど若かったです。
当時私は小学三年生でした。我ながら渋い!
せおり
2008/06/03 21:43
すみません。誤字を訂正します。

高橋克己氏→高橋克実氏
せおり
2008/06/03 21:45
あ〜る290さんへ ☆
携帯で撮ったのは 車の助手席の窓を全開にしたので まだサギも立ってる状態だったんですが・・・そ〜〜〜っと車から降りてカメラを構えた瞬間に飛び立ってしまいました。。。写ってただけでも 良かった♪ダメかと思ってたから。鴨くんは ちょっと ぼーっとしてますね 間の抜けた顔がいい感じです。
忙しくてもついつい好きなことだと してしまう時ってありますよね
私の場合 本が好きなので ついつい・・・(*^^*ゞ
のの ☆
2008/06/03 23:06
ときめきさんへ ☆
私もご無沙汰してました〜
好きな作家さんの本は 何冊も続けて読んでしまう癖があるので 止まらないです(*^^*ゞ
ときめきさんも 高橋克彦氏の本を読んで下さったんですね 何だか嬉しいです♪「天を衝く」は 色んな策が楽しみであり 騙し合いの空しさもあり 侍としても潔さもあり ホントにぐいぐいって感じでした。
ときめきさん いつも忙しそうですね 若狭や熊野古道の写真も見せていただきましたよ♪熊野古道は私の姉が行きたがっていたので ネットで調べたらすごくいい雰囲気でした。かなり歩かなきゃいけないみたいですが いつか姉も私も落ち着いたら二人で行ってみたいなって思ってます。
のの ☆
2008/06/03 23:31
せおりさんへ ☆
情報ありがとうございます♪見てみると サギと言ってもいろーーーーーんな種類があるんですね〜 白いサギは よく似ていて瞬間見ただけなら区別がすかないだろうなぁ。。写真で見ると やっぱりアオサギですね
せおりさんは 大河ドラマを見てたんですね!私は 全く見てないです〜
他の作家のも 全くです(*^^*ゞ もともと歴史は苦手で興味もなかったので 見たこともなかったんですが 今は機会があれば見たいなって思います。
せおりさんは小学校3年生の時??すっごーーーーい 確かに渋い・・・
(*^^*ゞでも やっぱ 尊敬だなぁ・・せおりさんの物知りは小さい頃から培われたものだったんだなって。
小説も 長編だけど ホントに面白いですよ〜 良かったら読んでみて下さいね♪

のの ☆
2008/06/03 23:48
僕もお天気の悪いときは、図書館に行って本を読んで、帰り際に何冊か借りて帰っています。
長編小説が好きです。
誰がというこだわりはありませんが、東野圭吾、桐野夏生さんの作品をよく読みました。

昨日は能美市の仏大寺にある遣水観音山の観察会がありました。
手頃な山で、特別な花はありませんでしたが、コアジサイとササユリが見られました。
初めての場所だった所為か50名の参加者がありました。
ひろし
2008/06/16 20:00
ひろしさんへ ☆
ご無沙汰してしまって すみません〜
50名もの参加者の散策会は 賑やかだったでしょうね♪
私は土日ともに出勤になってしまって 今週も休みが取れるかどうか。。。
プラスの忙しさならいいんだけど 今の私はマイナスの仕事で忙しいので ちょっと凹んでました。ここ3ヶ月ぐらいは 周辺がすごく変化してきて もう若くないので体力的にも 精神的にも ふらふら状態でした。
でも 乗り越えていかなきゃなぁ。。って (*^^*ゞ
山に行きたいです(┯_┯)

ひろしさんも 東野圭吾さんや桐野さんが好きだったんですね!桐野さんの本は私も好きで何冊か読んだんですが だんだん グロテスク(そんな題名の本もありましたね)な描写になってきたような気がして しばらく読んでないです。「OUT」なんかは すごく面白かったですね〜
のの ☆
2008/06/17 23:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
高橋 克彦氏の本に惚れこんでます(*^^*ゞ のの☆ 読書&写真が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる