のの☆ 読書&写真が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 「死にぞこないの青」「暗いところで待ち合わせ」 乙 一著

<<   作成日時 : 2006/12/13 20:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

画像


この本は友人からもらったもの。薄い単行本なので 1日で読めてしまうくらい。

「死にぞこないの青」は 臆病な子供が 言いたいことがうまく言えず結局いじめにあってしまう出だしだった。そのきっかけを作ったのは担任。 担任がマサオをいじめる事 からかう事でなぜかクラスの皆が一つになるような感じで 担任に対する不満も 何故か消えてしまう。そして それがクラス中にマサオをいじめるのは悪い事という認識が無くなっていく。
これって集団心理? 怖いなぁ。。。

そのマサオが 他の人には見えない青い人物を見るようになる。そして その青にそそのかされるようにして 担任に復讐する。最後は結局 その担任を許すのだけど・・・・
その青の存在が何であったか それは自分自身であることに気づく。
この本を読んだ直後ぐらいに いじめが原因で自殺する子供のニュースが連日テレビで流れた。 
いじめを助けるはずの教師が いじめ易かったからって理由で生徒をいじめるなんて有るわけないと思っていたが 実際 世間では良く似たことが起こっていたんだとニュースを見て驚いた。
小さい頃は 私も引っ込み思案で 思ってる事をうまく表現出来なかった。それで辛い思いをしたことも 未だに覚えてるくらい嫌な思い出もある。
でも 今の自分を見ると あの頃から随分変わったなぁとしみじみ思う。色んな経験 色んな人達との出会い そして 自己嫌悪から自分を見つめる時間 そう言うもの全てが今の自分を少しずつ形作ってるような気がする。今からもまた変わっていくかもしれない。

子供の自殺は 聞く方もツライ。出来れば生きて欲しい。親の立場になった今だからわかるのかもしれないけど 赤ちゃんの頃からの思い出は そう簡単には消えやしない 
健康に 元気にと 風邪さえ心配で寝ずに看病してきた子供が 自ら 命を絶ってしまうなんてこんな悲しいことはないと思う
願わくば 自殺する勇気より 生きる勇気を持って欲しいと しみじみ思う。

「暗いところで待ち合わせ」は 映画化されたんだ・・・全然知らずに読んでた(*^.^*ゝ
もう公開されてるのかどうかも知らないんだけど これは 意外な展開で 面白いと思った
あとがきを読んだら 前作の「死にぞこないの青」で マサオが いじめから逃れる為に 目の見えない人の家に勝手に入り込むと言うシーンを削除してしまったから この作品でそのシーンを生かしたと言うことらしい。
ちょっと不思議な展開で 最後はホッとするような感じだった
画像

これは 先週の東京行きの出発の時 玄関のドアを開けた瞬間 飛び込んできた朝の空
行ってらっしゃい!って言ってくれてます(*^.^*ゝ
今週末には ついに北陸は雪マークが出現
こんな朝日は しばらく見れないかもしれないなぁ。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
のの☆さん、闇鍋の具がそちらにもありましたね(笑) 私よりずっと撮り方が上手いです。

北陸は雪マークが出現! いよいよ長く厳しい冬に突入ですね。お身体大切に適当に頑張ってください。

私の出る幕はありませんでした(汗)

気楽人
2006/12/13 21:59
先生が生徒をいじめるなんて事があってはならないことですね。本当に悲しいことです。
話は違いますが、中学三年の息子の美術の先生(女性)が変わっていて、少しでも気にくわないと成績表に1や2を平気で付ける人です。何かあるごとに「成績に響くわよ」というとか…。どうみても、それは教育ではないと感じます。受験を控えている生徒らは、それに振り回されているようです。
先生の資質のない人は先生をやっているべきでないと思います。

この雀付きのフェンス、家の近くの公園にもあります。
子供が小さい頃は、「ちゅんちゅん公園」って言ってました。
これくたあ
2006/12/13 22:40
雀付きのフェンス、こちらの公園でも見ました
たしか旅先にもあった気がします
知っているのと同じものがあるとなぜかホッとします

新聞で読んだのですが、全国の図書館で蔵書の一部を切り抜いて持ち帰ってしまう学生が多いそうです
人目を気にせず堂々と本を切る、注意されても「なぜいけないのか」解らないらしい
今の若いものは・・・、なんて言うようなものかもしれないけど、常識と思ってた教育が消えてきているのかもしれないと感じました
イジメが辛い事だということが学校の先生である大人ですらも理解していない事は、現実にもあるのかもしれない
NAO310
2006/12/13 23:16
気楽人さんへ ☆
闇鍋の具になるんですか??ちょっと怖いかも〜
これは 時々行く銀行の裏の駐車場の側にある公園です 何回か来てたのに こんなフェンスがあるとは 全然気が付きませんでした(*^.^*ゝいつも 銀行回りの時は 慌ててるからでしょうね

去年の手帳を見たら 去年の今頃に 雪がどかっと降ったんですよ〜 12月にそんな大雪になることは ここ何年か無かったので大変でした
今年は まだ暖冬です 毎年11月末には 制服に下にセーターを着るのに 今年はまだ ブラウスでも大丈夫ですもん 平年より5℃ぐらい高いみたいです
週末の雪マーク・・・心配ではあるけど 去年ほども積もらないだろうなぁ。。。 


のの ☆
2006/12/14 00:30
これくたあさんへ ☆
その先生 ひどい!!それって脅迫じゃないですか?
教師が 生徒に八つ当たりしてるみたいなものですね 情け無いなぁ・・・ 
教師も人間だし 聖人君子であれ とは言わないけど 教師って言う職業を選ぶなら 勉強を教えるだけじゃないって事を自覚すべきだと思いますね 勉強だけを教えるなら 予備校や塾だって充分だと思う いや 予備校とかの講師の方が 子供達のことをもっとしっかり考えてるかもしれない
生活が多様化して 子供にも色んな子が居て 教師も楽じゃないって事も充分わかってるつもりなんですが なんでこんな人が教師に・・って思う人もいっぱいいるんですね 

このフェンスは 色んなところにあるんですね〜 私は金沢では ここでしか見た事が無かったんですが 他にもあるかも♪
のの ☆
2006/12/14 00:41
NAOさんへ ☆
NAOさんもよく見るんですね?そっかぁ いっぱいあるんだぁ 私はこの雀達は 足をくっつけられて どこにも行けず可哀相だなぁって思ったんだけど それでも NAOさんのブログの人形みたいに この公園で遊ぶ子供達をずっと見てきたのかなって 来年は どんな子供達が来るんだろうって楽しみにしてるのかなって思ったりしたよ 
常識って言うのは 私の若い頃の時代とは 随分変わってしまったような気がする 基本的なことは変わってないけど それでも そう言う常識というものについて話をすると 大概 息子と意見が衝突する(*^.^*ゝ
寛容になれる時と 絶対許せない時と様々
許せない時は そんな常識外れた奴は 帰ってくるなと言ってしまう 絶対おかしいことなのに それをわからない子供達の多いこと。。
情けないです それを教えてきたはずの自分なのに 我が子がわかってないと思うと 私自身も情け無いなぁって思う
でも なんだかんだ言っても 話が出来るから そう言う衝突もあるわけで・・・話しなければ 何を考えてるのかさえ わからない
だから 時には喧嘩も必要かなって思う
のの ☆
2006/12/14 00:53
先日、スーパーマーケットで幼稚園の子供達3人がお菓子売り場であれこれと手にとっては選んでいました
そしたら、一人の男の子が棚をよじ登りだした
チビだから上の方のは取れないのは解るけど・・・
やめさせようかな、と思ったら
もう一人の子が「やめろ、登るなよ」と言って組みついて降ろそうとする
「なんでだよ」「ダメだ」と言い合う
図書館で本を切り抜く若者は棚をよじ登る幼稚園児とかわらないままに育ったのでしょうか
なぜだめなのかが解らないまま
NAO310
2006/12/14 11:55
NAOさんへ ☆
難しい問題ですね〜 スーパーで走り回る子供達。我が子も小さい時 走り回るのを 何回叱り付けたことか・・(*^.^*ゝ
他の人の迷惑になると 普段から教えてたつもりが ちっともわかってない子供達に呆れてしまう事もしばしば。。。
子供って むこうみずで 我儘で 自分勝手なんだ だから子供なんだって そう思うこともある
スーパーで 無茶なことをしてる子供が居たら 危ないよって私は声をかける方。うるさいおばさんだって思われても そう言うのは 平気
子供同士で 言い合いになるのはお互いにいいことだと思う
本を切り抜く若者は そう言う機会がなかったのかもしれないし 人前では いい子でいたのかもしれない 
いい事も悪い事も 経験しなければわからないと思う そして 褒める人 注意する人が側にいてわかることもいっぱいあると思う 
のの ☆
2006/12/14 21:55
のの☆さん、こんばんは!おひさです。。。
重いテーマですね。
最近、友人と話していたのですが、もしかしたら死ぬことに勇気はいらないのかもしれないと…
残虐映画やゲームが増えた一方、死に無縁になってきてしまったような。
核家族だしお葬式は会館で行なって人の死を見つめて、送るということがなくなってしまって、死ぬということが現実味がないような気がするんですね。
それに、子供がおかしいんじゃないよね。60代、70代の事件が多いことが気になっていて、大人が病んでいるから、子供に伝染しているだけのような気がします。
いっぱい人に関わって、自分自身がおかしくならないように、気をつけていかないといけないなぁ〜(^^;
うさぎ
2006/12/17 20:44
うさぎさんへ ☆
こんばんは〜ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゚☆。
そっかぁ 最近の子供は 死と言うものを 簡単に考えているのかもしれないね 私も小さい頃は おばあちゃんとかの死もよくわからなかった
大人が曖昧にせずに 身内の死があった時は ちゃんと教えるべきなのかもしれないね
娘は 私の母が亡くなった時 鼻血が出るほど泣き続けた 父のお通夜では 吐きそうで座ってられなくて 控え室で横になっていた 息子は父のお通夜の間中 泣いてた 旦那からは「男のくせに泣くな」って言われても ずっと泣いてた 
そんな二人なのに 友達との会話で「死ねば〜」って冗談で言い合ってる
「死」って言葉が ホントに軽く言われてるのが おかしいと思う
私も若い頃「1回死なないとわからないわ」ぐらいの冗談を友達と言ったけど「死ね」って言葉を軽々と日常会話で言う子供達の多い事。。注意したら 笑われた・・・どうなってるんだろうね←私 怒ってます
のの ☆
2006/12/17 22:22
トラックバックさせていただきました.
私もかなり引っ込み思案な子供でした.周囲からいやなことをされたことはやはり忘れられません.ただ自殺は一度も考えなかったと思います.恵まれてなかった分,満たしたいこと,やりたいことがたくさんあったからかもしれません.今振り返って,やりたいことが実現できたかどうかは別ですが..
sunday driver
2007/07/28 08:13
sunday driverさんへ ☆
TBありがとうございました!私の方は 何回か挑戦してみたんですが うまく出来ませんでした〜なんでかなぁ・・・
小さい頃は 姉と兄とは全く似てなくて 捨て子といつも言われてましたね 何故か放浪癖があったようです 家に居るのが嫌だったのかもしれないですね 上二人は とにかく目立つ存在でした。
今は色んな経験が 自分を強くしてくれたと思います。
 
のの ☆
2007/07/28 23:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
「死にぞこないの青」「暗いところで待ち合わせ」 乙 一著 のの☆ 読書&写真が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる