のの☆ 読書&写真が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ユーコン漂流」 野田 知佑著

<<   作成日時 : 2006/09/16 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 28

画像

この本はお借りした本で この著者も初めて名前を聞いた
これぞ まさしく男のロマンって感じ
カナダのユーコン川をカヌーで下る 雄大な冒険
自由な時間が無ければ叶えられない冒険だけど だから 読んでて楽しいのかなぁ
人と会うのが うっとおしくなったり 恋しくなったり 一人の時間が長いと色んな風に考えるんだろうなぁ
こんな離れた場所で スジコをイクラにする日本の水産会社や缶詰会社もあったりする
でも そこで働く日本人のよそよそしさは何なんだろうなぁ 
カヌーで旅する色んな人達との交流 滅多に人に会わないような所に住んでる人達との交流
そういう逸話が ホッとさせる本
誰も知らない土地へ一人で向かうってどんな気持ちなんだろう 
私には想像もつかないけど どんな過酷な条件のもとでも 行きたいと思うほど 自然が素晴らしいんだろうなぁ 
出発点から3000Kmを6カ月かけた旅の終り 
著者は「胸に痛みのようなものを感じた。ぼくはもう その時ユーコンの広い空間 荒野の生活を恋しがっているのだった」と語る
そう言うことなんだなぁ〜〜
画像

ぐずついた天気が続く中 14日の夕方 会社の窓から西の空が真っ赤になってるのに気が付いた
定時の6時が過ぎてたけど 今を逃したら 撮れないかもって
すぐ近くの土手までカメラを持って走った
5分ぐらいの間に どんどん暗くなる あっという間のシャッターチャンス
う〜〜〜ん 難しい 悩んでるうちにこんな写真になっちゃった(*^.^*ゝ

巷では3連休 私は明日もあさっても出勤 それでも またこんな夕日が見れるかもって思ったら 仕事も悪くないかも〜

花壇のブルベリーの実 収穫しました♪
今までの成長を見てみると・・・
お花が咲いて
画像

お花が散って
画像

実が膨らんで
画像

これだけ収穫♪味は・・・(-_-)ウーム 味がしないなぁ。。(*^.^*ゝ
画像

ブルーベリー繋がりで彩季堂さんにリンクです♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
のの☆さんの涙はブルーベリーだったんですね!こういうふうに並べられて初めて気がつきました(汗)
それにしてもブルーベリーっていいですねぇ〜夫々の段階に風情があって最後は食べることも出来る・・・
お仕事、大変なんですね。なんだか真っ赤な夕焼けがのの☆さんの泣きはらした目蓋のように思えてきました。冗談ですよ(笑)
気楽人
2006/09/16 23:25
夕日はどんどん表情を変えるのでタイミングは難しいですよね。
おおっと思ってカメラを取り出したら、その間に、シャッターチャンスを逃がしていたなんてことも…。
でも、真っ赤な空が綺麗に広がったんだろうなという感じは凄く伝わりますよ。(^^)

ブルーベリーの花ってこんな感じなんですね。かわいいですね。
昨日、今日で我が家の庭の芝生を減らし、花壇を広げました。何か木を植えたいなって思っていましたが、ブルーベリーって良さそうだなって思いました。
これくたあ
2006/09/17 18:10
気楽人さんへ ☆
そうなんです〜 1枚目の写真をアップした時 私の涙だって言ってくれたんですよね♪この時は 何の花かまだ知らなかったけど 可愛いお花ですよね 3年ぐらいしたら食べれるよって造園の人から聞いたけど もう今年 しっかり実をつけてくれた〜 玄関の前の小さな花壇だけど 朝日がたっぷり当たるせいかなぁ
茜雲は 私の目蓋だったんだぁ うんうん そんな時もありますよ
悲しい時ばかりじゃなくて 感動で泣く事もあるしね♪
のの ☆
2006/09/17 20:48
これくたあさんへ ☆
ホントにタイミングが難しいです この時も ダッシュ!≡≡≡ヘ(*--)ノで土手まで行ったんですけどね。。あっという間でした(*^.^*ゝ それからまた会社まで ダッシュしたら もうゼイゼイ。。あはは〜〜上手く撮れたかなって 帰って見るのがわくわくでしたけど そういうわくわく感の時間も好きです♪これくたあさんは 夕日をいつもすごく上手に撮るので すごいなぁって思ってます 
この写真で茜色の空の感じだけでも伝わってくれたら それで充分〜

これくたあさんも是非是非ブルベリーを植えてみて下さい!丈はまだ50センチほどで そんなに大きくならないと思うんです なんと言っても お花が可愛い!収穫量を 毎年 競争しませんか?なーーーんてね(*^.^*ゝ
のの ☆
2006/09/17 20:54
カヌーで川を下る・・・こんな冒険できないけど、きっと素晴らしいだろうなと思います。冒険もの、面白いですよね。
私は、シェルパ斎藤の「いきあたりばっ旅」(小学館文庫)が面白かったです。おすすめですよ。
夕焼けの写真。2枚並ぶと時間の変化がわかりますね。伏見川?
ブルーベリー、偶然ですね!うちの庭にもあるんですよ!
どんどん食べてます。目が良くなるそうですよ!
ときめき
2006/09/17 22:59
綺麗な夕焼けだぁ〜見たいなぁ〜
綺麗な景色が見たいよo(T△T=T△T)oジタバタ
少しご無沙汰?先週から1週間、福岡帰省してきたよ〜
相変わらずハードスケジュールで遊んできたよ。
やっぱり地元に帰ると楽しかったよ〜(*´ェ`)ポュ
でも、花夢は突発性湿疹になっちゃってねぇ^^;
熱とかはないし、元気なんだけどね(*゚―゚) ンンンンンー
やっぱり疲れちゃったみたいで(;´▽`A``
いかんね\(_ _。)ハンセイ またくるね^^
千佐
2006/09/17 23:11
なかなかキレイな夕焼けですね。夕焼けって時間帯が限られているので、ちゃんと写すのはやはり難しいですね。でも読んだ本のイメージに沿うような仕上がりになっているような気がします。

ブルーベリーは花が咲くんですね。知らなかったです。仕事の関係で、ブルーベリーの実(の写真)はたくさん見てますが、花ははじめて見ました。というかこういう風にして実がついていくんですねえ。勉強になりました。
イワン
2006/09/18 00:41
自家製のブルーベリーを食べれるなんて良いですね〜
味は・・・これからはもっと注目するから、来年からはしっかり味付けしてくれるかも?

野田さんの旅行記は「ワクワク」ではなく、淡々とした感じですね
人と全く会わない日が続くと、ガクの気持ちがはっきりと解るようになってくる・・・なんだかわかる気がしました
休みもとれないし、技術も伴わないんだけど、読んでると羨ましく思えます
NAO310
2006/09/18 06:08
僕も、その日会社からの帰り道、西の空がオレンジ色に染まっているのを見ていました。
今だ!と思って行動しないと、自然の風景は次がなか〜巡ってこないときがありますね。

男のロマン・・って、最近、あまり聞かなくなったような気がします。
自分を見ても、女々しいこと?に拘りすぎているのかな?
ひろし
2006/09/18 09:17
>ひろし様♪(なれなれしくてすみません)
時代とともに社会が変ってきていて、ランドセルの色も自分で選べるほどジェンダーにこだわらなくなってきているから、自然と「男のロマン」という言葉が使われなくなってるのではないでしょうか?ひろし様が女々しいことに拘られてるわけではないと思います。

かくいう私もおてんばが過ぎてイギリスまでロマンを求めて飛んでった女です。そういえば「おてんば」も昔に比べて使われなくなったかな?でも「男のロマン」とか「おてんば」といったボキャブラリーはジェンダーくっきり時代の古臭い言葉でイヤだということはありません。逆に使う人の誇りを感じる素敵な言葉だと思います。
とにかく男性も女性も個人が好きなことができる自由な時代になったのだと思います。
では、偉そうに長々と失礼いたしました。皆様、ご自分で満足のできるよい毎日をお送りください☆
せおり
2006/09/18 21:47
 ユーコン川を下る・・・しかも6ヶ月ですか。それもう旅ではなく、さ
すらいですね。読んでみたくなりました。

 ブルベリーって、そのまま食べるんでしたっけ?しかし、こんなに可愛い花を付けるんですね。知りませんでした。
demidemi
2006/09/18 22:33
ほんと難しいですよね。夕陽の写真って・・・。あっという間になくなっちゃう・・・。ハワイで有名なサンセットビーチでいつもトライしてみるのですが、だいたい日がまだ赤くなっていないうちにとり終えてしまいます。せっかちなのかな???

わたしも3連休お仕事してました。ののさんのようによいことがあればよかったのですが、ずっと最悪でした。
Yuzin
2006/09/19 12:26
ときめきさんへ ☆
カヌーって小さい物だと思っていたんですが 野田さんは机や椅子も乗せていくんですよ〜 川沿いの村で何日か泊まったり 岸に簡単な書斎を作って本を読んだり へぇ〜〜って感じでした
「いきあたりばっ旅」って面白い題名ですね!シェルパ斉藤さんって名前からすると 山登りのシェルパさんの話かな??
今度探してみますね♪
ブルベリー ときめきさんの家にもあるって 先日お聞きしましたね!収穫できますよって聞いて 収穫しました(*^.^*ゝときめきさんのお宅では 毎年 山ほど実がなってるんですか?私は 来年がまた楽しみです〜♪
のの ☆
2006/09/19 22:19
千佐へ ☆
綺麗な夕日だったよ〜〜でもね なかなかこういう夕日も巡り会えなかったりするんだよね。。写真に撮る事なんかはもう 全然って感じ
この日は 土手まで走った 走った(*^.^*ゝ
福岡に帰省してたんだね 地元に帰るとホッとするでしょう?
のんちゃんは 突発性発疹になっちゃったんだね?でも ほとんどの赤ちゃんが必ずかかるって事だし 大丈夫だよ♪
小さい頃は 色んな病気になって その度にハラハラするんだけどね おたふく風邪の時は あみなんかは ただでさえふっくらほっぺが すごいおたふくになったよ〜←そのままやん(*^.^*ゝ
何があっても ちゃるくんもついてるし 大丈夫だよね 頑張ってね〜
のの ☆
2006/09/19 22:32
イワンさんへ ☆
最近は特に暗くなってしまうのが早いですよね
初めてイワンさんのブログに行ったのは 夕焼け空の題名に惹かれたんだって 前にも言ったかもしれないけど 夕焼け雲は色んな表情があって どんな写真も哀愁があって好きです
私もこの写真を撮った時 この本が思い浮かびました(*^.^*ゝ わかってもらえて嬉しいです♪
ブルベリーは 私も今年 初めてこんな風になるんだって知ったんですよ〜 意外ですよね 造園やさんが気まぐれで植えてくれたんですが 感謝してます だって こんな自然の摂理って言うか(おおげさかも)自然の流れを教えてくれたんだもん♪
のの ☆
2006/09/19 22:45
NAOさんへ ☆
あ!そうかも!来年は 毎日 美味しくなってねって声をかけたら 冷や汗かきながら ブルベリーが必死で美味しくしなきゃって・・o(〃^▽^〃)oあははっ♪ そうなる事を期待してる〜
野田さんの本は初めて読んだけど すんなり読めたよ ありがとう〜
犬を連れてカヌーでの旅って言うのもすごいよね 旅の最後の方で 野田さんカメラの佐藤さんと落ち合って行動を共にしたとたんに ガクの心が読めなくなったって言うのが 印象的だったなぁ ガクが佐藤さんに嫉妬してフネを流そうとしたりするのなんて やるじゃんって感じでしたよ
心が通い合うってそういうことなんだね
冒険物は 図書館で借りた ヒヤラヤ登山の話以来かもしれない 
野田さんのこの本は 冒険あり 心の交流あり 自然いっぱいありのいい本でした♪  
のの ☆
2006/09/19 23:06
ひろしさんへ ☆
ひろしさんも見ました?綺麗でしたよね!海から見たら きっともっと壮大で美しかっただろうなぁって思います 
自分が美しいと思って見上げた空を 同じ気持ちで別の人も見てるって思うと 自然の広さを感じますね
ホントに空の表情は 二度を同じ顔を見れないから 心にとどめておくしか無い時は くぅ〜〜〜ってはがゆく思える事も多いです

男のロマンって ほとんど死語になってしまいました?家庭をもつと 自由な行動が出来なくなるので 難しいですよね
きっと誰しも心には持っているんでしょうが それを実現できる人は数少ないのかもしれないですね 女々しい事に拘りすぎるなんて 登山するひろしさんが そんな風には見えないですよ!それは 自分との葛藤と呼びましょう〜 葛藤は 自分自身を振り返るいい機会だと思いましょうよ♪
そう言う私も いつも葛藤してますもん(*^.^*ゝ


のの ☆
2006/09/19 23:16
せおりさんへ ☆
女だってロマンを求めていいですよね!ロマン=夢って私的には思ってます 
そう言えば・・おてんばって言葉も最近聞かないかもしれないですね
うちの母親は 70歳を過ぎても 自転車をすいすいと乗り回し 元気いっぱいで 兄貴は「おてんば ばあさん」って呼んでましたよ(* ̄m ̄)プッ 私は おてんばって言葉に すごく可愛らしさを感じるんだけど どうかなぁ 
せおりさんのおてんばぶりを もっといっぱい発揮してくれると嬉しいかも(*^.^*ゝ
のの ☆
2006/09/19 23:21
demidemiさんへ ☆
野田さんは 何回かユーコン川を下るんだけど 今年はもうここまでって自分でその時の限界を感じたら すぱっとやめてしまうんです そしてまた 力をためて ユーコン川にやってくる そんな繰り返しみたいですね
川沿いの先住民達とのやり取りとか 呑み会とか 読んでたら楽しいですよ〜 行った先々で お土産に鮭の燻製をもらったり お酒をもらったり 合言葉のように 挨拶代わりに「飯 食ったか?」って(* ̄m ̄)プッ
白人は嫌われてるいるけど 日本人は好かれているみたいです 
雨で川が下れなくて 3日間ほどテントの中でずっと読書をしたり 時間がゆっくり流れているようです

ブルベリーは このまま洗って食べましたが・・・味があんまりはっきりしないんです〜 今年は 何の知識も無かったので 来年は美味しくなるようにちょっと調べてみます♪

のの ☆
2006/09/19 23:28
Yuzinさんへ ☆
なかなかチャンスに恵まれないのが悲しいかも〜
日本でも海外でも一緒なんだね でも 日が落ちる前だと やっぱ せっかちかも〜 でも 一人で撮ってるならいいけど 家族や友達とかが一緒だとゆっくり写真も撮れないよね
Yuzinさんも仕事だったの??うわぁ お疲れ様〜 私は 土曜日は休みだったんだよ でも小学校の運動会だったから 小雨の中 歩いて学校まで行ったわぁ 駐車場がせまいから 止める所がないかと思って〜
ゼイゼイだった(*^.^*ゝ
仕事では ずっと最悪だったの??う〜〜ん それは 残念
私は 日曜日や祭日は 電話が少ないから 仕事がはかどるのが ちょっと嬉しいかも♪9月末決算なんだけどね 準備がなかなかはかどらなくて〜〜そのうち 泣きが入ります(*^.^*ゝ
のの ☆
2006/09/19 23:36
isshy と申します。うさぎさんのところからきました。
この本や著者の影響からか、十数年前私もカヌー旅を始めました。
最後のフレーズ、
ぼくはもう その時ユーコンの広い空間 荒野の生活を恋しがっているのだった・・・
そういう気持ちになる旅の終わりですよね。立ち去れない自分がそこにいたりします。いつまでも身を置いていたい気持ちです。
つまらない自分のことを書きましたが、きれいな写真、丁寧なステキなブログですね。また、遊びにきます。
isshy
2006/09/21 23:35
ののさんとももちゃんがカヌーの旅をしている姿を想像してしまいました
熊を追い払うももちゃん・・・・小さなももちゃんには無理??(笑)

最近の本では野田さんはガクの息子達と暮らしているようです
でも、っぱりガクとの旅のように気持ちが通じてる訳では無いような・・・
ガクと野田さんは大切なパートナーというか、前世から必ず出会い続けるよう特別な相方だったのかな、と思いました

植物は声をかけると応えるかのように育つといいますから、毎日「美味いのを食べたい」と言うと頑張るかもね(笑)
NAO310
2006/09/22 01:16
isshyさんへ ☆
ご訪問ありがとうございます!!!!
isshyさんは カヌーをされてるんですね 私は野田さんのこの本初めて読んだんです 冒険物は きっかけがないとなかなか手を出さないんですが 友人が貸してくれた何冊かの本の中に入っていました カヌーの旅ってこういうものなんだぁって 今まで全く知らなかった世界だったのですごく面白かったです そしてユーコン川の自然の雄大さ 時々写真が入ってるので おぉ〜って歓声をあげながら読んでました(*^.^*ゝ
isshyさんの言葉は何だか 切ない感じですね 旅の終りや 祭りの後なんかに感じる現実の世界から離れた心を引き戻す寂しさでしょうか?
私は何もしてないけど 何だかわかるような気がします
今日は 何と今から娘と二人で夜行バスに乗ってディズニーシーに行くんです 日曜日の朝にまた帰ってくるんですが私は出勤なので 日曜日の夜にisshyさんのブログにお邪魔しますね!来てくれてありがとう〜 コメントも嬉しかったです♪
のの ☆
2006/09/22 20:19
NAOさんへ ☆
(* ̄m ̄)プッ ももと一緒のカヌーの旅かぁ 毎日喧嘩しそうだよ(*^.^*ゝ クマに向かって吠えるだけ吠えて 側に行ったら尻尾を振っていそうなもも・・・←意味不明の行動は続いてる
ガクと野田さんのようには なかなかいかないんだろうなぁ・・・いまだに 背中をなぜると歯をむき出してるしムカ・・・(-_-メ) でも 私が生きる元気さえなくなってた時に ももがやってきたわけだし きっと元気付ける為に来てくれたんだと思う ガクと野田さんは もっと深い縁があったんだろうね
ガクはもういなくなちゃったの?息子の代になっちゃったんだ〜 ガクとの冒険 まだまだ読みたい気分だよ♪
ブルベリーは 多分来年は頑張ってくれると 私も信じてる〜
・・・という訳で ディズニーシーに行ってくるね(*^.^*ゝ悩んだすえにキスデジは持参することにした〜 レンズは標準1本だけね
私はあんまり興味もないんだけど 娘は舞い上がってるし(* ̄m ̄)プッ
山に登ってる方がいいんだけどなぁぁぁぁぁぁ
のの ☆
2006/09/22 20:27
時間がゆっくり流れるのはあこがれます.満員電車の中で寸暇を惜しんで新聞や本を読んでいる人をみると,自分は心も体をできるだけ休めようかなと思ってしまいます..
お写真,きれいな夕陽ですね..手持ちで撮影されたのでしょうか.建物の手すりまできれいにシルエットになっていて切絵を連想しました.
ディズニー・シーは一度だけ行ったことがあるのですが,意外にも意外にも楽しめました.自分には合わないかなと思っていたので不思議です..
sunday driver
2006/09/24 23:23
sunday driverさんへ ☆
sunday driverさんは 満員電車に揺られて出勤なさるんですね?私は車で通勤なので もう何十年と通勤で満員と言うのを忘れてました でもきっと私もそうなっても本を読んでるような気がする〜 いつも側に本が無いと何か物足りない 車の助手席にはいつも カメラと本はセットになってます(*^.^*ゝそれでも 1ページも読めない日もあるんですが。。毎日のように仕事で銀行へ出向くので 待ち時間とかには必ず読んでます
寝不足の日は そのままうとうとしてしまったりするんですけどね(*^.^*ゝ
茜色の空は なぜか哀愁がありますよね これは手持ちで撮りました なんせ走って土手まで行ったので〜 残業中だったけど 10分で戻るからって言って往復5分 撮影に5分って感じでした←やっぱりせわしない性格?
ディズニーシーは 楽しかったです♪ でも 夜行バスの往復はやっぱりキツイです 朝の7時に家に帰ってきてすぐ仕事って言うのもかなりキツかったです〜〜〜連休 欲しいなぁ・・・
のの ☆
2006/09/25 00:40
ブルーベリー繋がりで、彩季堂さんの所から、見に来ちゃいました。3年も前の記事だったのですね。ずいぶんと前からブログを始めていらしたのですね。私なんか、まだ、㌿の駆け出し・・ですね。ののさん、忙しいのに本を読む時間は、あるのでしょうか?ブルーベリー、今年はどうですか?
みーたん
2009/05/15 15:34
みーたんさんへ ☆
我が家のブルーベリーは小さな木で 毎年少しだけしか実をつけないんです〜
今年は 葉っぱも遅かったので まだ花もつけてないんです 秋にはちゃんと実をつけてくれるかなぁ・・・
本を読むのは大好きなので 好きな事の為なら なんとしても時間を作ってしまう(*^^*ゞ その分 寝不足になってしまうけど〜〜
ちょっとの時間でも いつも側に本があると 少しずつでも読めるから どこへいくのも本は持ち歩きます♪この本は NAOさんからお借りしました。NAOさんの読書量やジャンルの種類は 私なんかより すごいですよ〜〜
のの ☆
2009/05/16 23:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ユーコン漂流」 野田 知佑著 のの☆ 読書&写真が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる