のの☆ 読書&写真が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 「容疑者Xの献身」 東野 圭吾著

<<   作成日時 : 2006/04/15 19:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

画像

この本は 息子が買った本なんだけど、私も好きな東野さんの本だったので、一気に読んでしまった。
高校で数学を教える教師、石神が、思いを寄せるアパートの隣の女性がもと旦那を殺してしまったことから始まる話。
事件を調査する草薙刑事は、いつものように友人である物理学者の湯川に助言を求めるんだけど なんとその湯川と石神は大学時代の知り合いだった

石神は殺人者の富樫 靖子を何としても守りたい一心で 刑事の目をごまかす手段を考え 色々な指示を靖子と娘に与える
数学者の石神が考えた策は 刑事にも読めないほど綿密でぬかりがなかったが・・・
たまたま 大学で一緒だった湯川が 石神がからんでるとわかってしまった

何のとりえもなく 数学の難問を解くのが唯一の楽しみに、坦々とした毎日を過ごしていた石神にとって 隣に越してきた靖子と娘は 生きる楽しみとなった

迷宮入りになりかけたこの事件を湯川が解明しかけたと感じた石神が取った行動とは・・・

湯川の友人を思う気持ちと 事件の真相を解り始めた時の苦悩
東野さんの小説は 常に あっと思う展開と どこか人間の心の中をのぞくような描写が好きだなぁ 
これで東野さんの本の在庫はなくなったので また見てきたいと思う〜

今日の写真は 今週 火曜日に富山店に行った時 雨があがった後の立山
会社の裏から見えたので 撮ってみたんだけど・・・堤防が高くて う〜〜〜んって感じ
いつもより早くに富山店を出た帰り道 神通川にかかる婦中大橋から見た立山連峰は あまりにすごい迫力で  迫ってきそうだった 
思わず 心臓がばくばくになって 高速に乗るまで ドキドキ感がおさまらない
なんていうのかなぁ 恐怖感に似た感覚 胸が苦しくなるような・・・
よく映画で ビルをひとのみにしそうな津波とかあるよね そんな感じかなぁ 
立山は色んな表情を見せるんだけど 目の前に迫りそうな襲われそうなそんな立山は初めてだったかもしれない
あぁ・・・怖かった・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
自然にはいろいろな顔があってみたり。。。
名古屋からはそうでもないけれど、墓のある岐阜(大垣)へ行くと、
やっぱり山肌がくっきり見えるほど迫ってて。
(もちろん、立山連峰はこの比ではないと思うけれど)

最近は、数学つながりで、「博士の愛した数式」を読んだかな^^
東野圭吾はうちの長男も好きだなぁ^^
しゅん
2006/04/15 19:27
東野さんの作品は読んだことはないですが、「数学者の仕組んだ策」というのはすごく興味がわきました。偶然にも父が数学教師で、私も理系ですし。(但し、高校時代は数学大嫌いでした。)うーん、私が完全犯罪・・・・・ムリムリ、数学以前にどんくさいから。(笑)

立山、今日はくっきりですね!エキサイティングです。のの☆様の「恐怖感」が伝わってくるような気がします。
せおり
2006/04/15 22:37
山が迫り来る…という感覚はホント言葉よりも体感ですよね。
でも、運転中だと怖いかも(^^ゞ
東野圭吾さん、私も好きです!
私の場合、通勤のバスの中で読むことも多いので文庫になってからが多いです。だから、これはまだです(ToT)/~~~
『ダ・ヴィンチ・コード』が文庫になったので、買ったのですが読めてません。どうも、私はカタカナの名前に抵抗があるようで読み初めが苦痛なのです(*^^)v
かじり
2006/04/16 00:03
ののちゃん マクロレンズ買ったのね(^^
下の記事見ました。マクロの世界は楽しいでしょ?!

わたしもこの間 富山に行った時
とても幻想的な立山に出会ったよ。
すごくきれいで神秘的だった、すごいね、自然は。
ふみか
2006/04/16 10:48
のの ☆さん、こんばんは。例によって読書のお話はパスします。最近は心に余裕がない為、本を読もうという気になりません。立山連峰は近くで見ると凄いでしょうね。富士山なども近くで見ると本当に迫ってくるようで圧倒されます。こういう状況に置かれると人など実にちっぽけに感じてしまいます。のの ☆さんが感じたドキドキ感が何となく分かるような気がします。
気楽人
2006/04/16 17:03
しゅんさんへ ☆
しゅんさんが 富山に仕事で時々来てたのは もう2年前になるんだよね・・その時 こんな立山は見れなかったかな?あの頃は 私が凹んでてそんな話も出来なかったね ホントに立山は色んな表情を見せてくれるわぁ 空が 灰色ですごい雨雲みたいなのが 山の上にどんよりと覆いかぶさっているみたいだったから 尚更怖かったのかも〜
長男くんも 東野さんの本 好きだったんだね 私も他の作品で読みたい本がまだまだあるんだけど最近 本屋さんに行ってないしなぁ・・
のの ☆
2006/04/17 23:25
せおりさんへ ☆
この石神の大学時代の友人の湯川っていう人が 物理学者で どうも湯川シリーズって言うのがあるらしい・・・それも ぐらぐらっときてるんだけどね(*^.^*ゝ 石神は高校教師なので 生徒から 何でこんな将来役に立ちそうにない数学をしなきゃいけないんだって言われた時の返事が う〜む なるほど・・っと思えるような内容 そんな風に 数学を捉えればいいのかぁって←この歳になってからでは 遅いってば
せおりさんのお父様は数学教師だったんですか!な〜るほど  やっぱりどっか好みが似てくるのかもしんないね
立山 今回は雪が積もったあとのようで 上の方は 真っ白でしたよ〜

のの ☆
2006/04/17 23:31
かじりさんへ ☆
そうそう 体感だね!目の前に広がる空の半分を埋めてるような山々に 迫り来るものを感じてしまうもんだよね 私はあの日は 怒りのような物を感じたよ〜 なんでかなぁ・・私 なんか悪い事 したかなぁ(┯_┯) ウルル
私も通勤途中の車の中で 信号待ちとか 踏み切り待ちとかで読むから 文庫本の方が 絶対 いいなぁ ハードカバーの本は持ち運びに面倒だし荷物になるもんね
かじりさんも 東野さん 好きだったのね!私は 義理の姉から「手紙」がすごく良かったって聞いて 初めて読んだんだぁ それではまった。。(*^.^*ゝ
今は お江戸小説を読んでるよ〜
のの ☆
2006/04/17 23:39
ふみかさんへ ☆
実はレンズ買ったんだけど まだ支払いは先・・(*^.^*ゝ今から夏に向かって毎月給料をよけておかないと〜o(〃^▽^〃)oあははっ♪
ふみかさんのブログ 異常に重くない??私 開かないことが多いんだけど〜(┯_┯) ウルル アクセスが多いからなのかなぁ。。見れない事が多いやぁ
富山店行きは 立山を見るのが楽しみ〜すごくはっきり見えた日は 車の中で 一人で歓声あげてるよ でも悲しいかな 写真を撮れる場所は限られてて いい場所を探す時間もないし・・・仕事中だから仕方ないんだけどね  

のの ☆
2006/04/18 00:02
気楽人さんへ ☆
読書に関係ない話でも 記事に関係なくても コメントは嬉しいです♪いつもありがとうございます!
そちらからは 富士山見えますか?私は富士山は見た事が無いんですよ〜もしかしたら 昔見たかもしれないんだけど 記憶には全くないので 見た事がないのと同じですね 富士山は間近で見ると もっとすごいんでしょうね!人間は ホントにちっぽけな存在なんだけど そう言う世界に居ると そのちっぽけな存在におびやかされるような事ばかり。。。
たまには ででで〜〜〜んと構えてみたいです〜
あ・・・リンクの件 ありがとうございました さっそくさせていただきますね♪
のの ☆
2006/04/18 00:10
写真で見てスケールは圧倒的ですね
以前、京都でタクシーに乗ったさいに運転手さんが「山の見える土地がすみやすい」と言ったのを思いだしました
もしもこんなにドドーンとした山を見て暮らしたら、気持ちのよりどころにしてしまいそうに思います
なにか生活の中であっても山はそこで大きな自然を見せてくれる、朝や夜があるよあに山の四季を感じる生活って悪くなさそうです
NAO310
2006/04/18 00:25
藤江のパン屋さん、早速行ってきました。クロワッサン、のの☆さんが言うとおり、美味しかったです。サンドイッチも美味しかった。教えていただいてありがとうデス(^_-)-☆
かじり
2006/04/18 06:54
NAOさんへ ☆
出来れば あの婦中大橋から見た立山連峰の写真を撮りたかったなぁ もっとすごーーーーーい迫力なんですよ〜 渋滞してたらフロントガラス越しでも撮れたかも・・・山の見える土地と言えば・・我が家も低いけど山が見える その山のかなり高い所まで住宅が建ってるけど そこからの夕日はすごく好き♪家から見える朝日も好き♪ 
そうやって考えると 確かに山が見えるこの場所 好きだなぁ
もっと高い山の方に住んでる人は四季折々 自然を体感して素晴らしさも 苦しさも味わっているんだろうね
のの ☆
2006/04/18 21:55
かじりさんへ ☆
おぉ〜〜〜もう行ってきたんだ!すぐわかったかな?あのお店は会社の子が知ってて 時々買ってきてくれるの〜 クロワッサンは パキパキって感じでしょ?ちょっと甘いけど「プティング」って言うのも なかなかですよ♪バナナが中に入ってるの〜
また 美味しいパンのお店を見つけたら 報告するねーーー♪
のの ☆
2006/04/18 22:02
容疑者Xの献身の小説買っちゃいました〜〜〜!!!でも、小説だけじゃぁ、つまんないので映画も見ることにしました!!!!!でも、小説もおもしろいけど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
話は、変わるけど、パンは、やっぱりバローの北?楽部で〜す。^−^
あと、?マークは、なんて読むかわかんない。
だって、そこのパン屋50p以上のナンが売っていてうちのおすすめなんだ!!!しかも、そのパン屋毎日98円でちっさいやつは、一個68円で二個で、98円でお得なんだ。だから、バローに行ったら、絶対そのパン屋に行くわ〜。
キャンディー
2008/07/28 09:08
キャンディーさんへ ☆
初めまして♪コメント ありがとうございます
映画化されたんですか〜知らなかった(*^^*ゞ
最近は 高橋 克彦さんの本ばかり読んでいるので 東野さんの本は「流星の絆」ぐらいしか読んでないです〜
バローのパン屋さん!私も知ってますよ♪種類も多くて 私も好きです!
でも バローまで行く事があんまりなくて。。。行った時は 必ずパン屋さんに寄っちゃいますけどね
のの ☆
2008/07/29 00:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
「容疑者Xの献身」 東野 圭吾著 のの☆ 読書&写真が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる