のの☆ 読書&写真が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 「手紙」 東野 圭吾著

<<   作成日時 : 2006/02/17 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 17

画像

今 TVでやってる「白夜行」と同じ著者の本。
先日 久しぶりに本屋さんに行った時 衝動買いをしてしまった本だけど、これが すごくはまってしまった。読み始めてから どうしても途中でやめられず 朝方までかかったけど読了した。
 
兄は強盗殺人で服役中、両親が早くに亡くなって 身寄りが居ない高校生の弟は 大学進学をあきらめて 生きて行く為の生活をし始める 
兄は 何としても弟を大学に行かせてやりたいと思ってた でも 身体を使っての仕事ばかりしていたら 腰を痛めてしまった兄には仕事がなくなってしまった
どうしようもなく 泥棒をしてしまうが 老婦人に見つかり 思わずドライバーで刺して死なせてしまう
高校卒業まであとわずかだった弟は それから苦難の道を歩む

刑務所からは 一月に1回だけ 手紙を出す事を許されている 兄は 弟に毎月 手紙を出すが そのうち 弟は 読まずに捨てるようになった 引越ししても 転居先を知らせず 手紙を見なくてすむようにする
勉強家で頭の良かった弟は 仕事しながら 通信制の大学に行き それから昼間の大学に編入できた 
でも・・・・いつも うまくいきそうになると 兄が強盗殺人で服役中と言う事がばれて 人間関係が破綻する
読みながら 今度こそ・・・と祈る気持ちでいるんだけど あぁぁぁ またか・・・って感じ
何とも言えない挫折感を 読んでる私まで感じてしまう

それでも ずっと見守ってくれた女性と結婚して 子供が出来て 幸せに思える時期もあった
妻はこの弟に内緒で 刑務所に弟のふりをして手紙を送り続けていた 
ある日 弟は決心する。兄の存在と決別する為に 今までの苦労を書き 自分の家庭を守る為に 兄との縁を断ち切ると 最後の手紙を出す
それを受け取った兄は 今まで 自分が出した手紙が どれだけ弟を傷つけてきたかを知る

私だって きっと 仕事の仲間がそんな境遇だと知ったら 普通に話しが出来るかわからない
変な気を使ってしまうだろうし 他の人の視線も気にするだろう
それは 差別だってわかっていても 果たして何の偏見もなしに付き合っていけるか その時になってみないとわからない
この本の帯に「あなたが彼ならどうしますか?あなたは彼に何をしてあげられますか?」と書いてある
何がしてあげられるんだろう。。

今朝は また雪がちらついた
カーテンを開けると もう雪がなくなった隣の用水に さぎが立ってた
思わず そ〜〜っと写真を撮ったんだけど このシャッター音で すぐ飛び立ってしまった〜
残念だなぁ
画像

次に来たのは 鴨
雪がとけたら また戻ってきたんだね
よ〜く見ると 鴨の背中に ブルーの羽があるんだね 地味な羽の色の中に こんな鮮やかなブルーの羽を隠してたのかぁ・・・
まさか 羽のようで 羽でない??初めて見たので よくわかんないけど〜

雪は積もるほどでは無かったけど 1日中 ちらついて 寒い日だった
昨日は 富山店まで行ってきたんだけど 高速道路は 霧で煙り まわりの景色は まるで水墨画を見てるようで 別世界に居るような感じだった
小矢部の辺りはまだまだ 田んぼや山には雪が残り 一面 真っ白な場所に 樹木の輪郭だけが黒く浮かび上がる
立山には お目にかかれなかったけど あんな幻想的な景色も素晴らしい
日曜日は また富山店に行く予定 天気予報では晴れ♪今度は 立山かなぁ〜〜〜(*^.^*ゝ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「手紙」 著者:東野圭吾 出版:毎日新聞社
2001年7月~2002年10月まで毎日新聞の日曜版にて連載され、2003年に単行本化された東野圭吾さんの「手紙」。今日、この作品が映画化されるというニュースを見て、この本を読み終わったときに感じたやるせない気持ちが沸々と蘇ってきてしまった。 物語を簡単に説明すると、実の.. ...続きを見る
mika;hana
2006/04/27 15:11
手紙 小説
映画のレビューはこちら  映画を観て感動し、無性に原作を読みたくなったのだ。まさに映画会社と出版社の思う壺だが、それだけこの作品が素晴らしいのだろう。 手紙 著者:東野 圭吾販売元:文藝春秋Amazon.co.jpで詳細を確認する  映画も原作もストーリー ...続きを見る
ケントのたそがれ劇場
2006/11/19 13:12
「手紙」東野圭吾著、読んでみました。
&nbsp;&nbsp;「手紙」東野圭吾著、読んでみました。「東野圭吾」15作目です。かなり重い内容ですし、楽しい話じゃ無いんですが、作者の力量もありどんどんページが進みました。「剛志」が犯した「重罪」の波紋が消える事無く「直貴」に訪れる「幸せの芽」を悉くかき消してゆく。直貴を取り巻く社会の大人たちの振る舞いも、殆どが「善と偽善」の狭間のような対応なだけに、直貴自身も納得できてしまうのが「つらい現実」だ。本人が全く悪い事を何一つしてないだけに、読者の殆どがその「やるせなさ」や「憤り」を感じる展開... ...続きを見る
男を磨く旅
2007/06/02 10:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
当事者になったらどうしたらいいんだろう・・・
読者には登場人物の誰も責める気持ちになれないだろうと思います

サギをこんなに大きく撮れるなんて!!
僕はいつも写真に撮りたいと思うのですが、警戒心の強い鳥のでいつもこちらよりも早く気づいて遠く逃げてしまうんですよ

日曜、晴れて道の氷も無くなってたらいいですね
都内もなかなか寒い一日でした
NAO310
2006/02/18 00:33
この本が 先日言ってた本です〜 色んな人間関係の中でも 見守ってくれていた人も居たし この弟が 兄の罪を自分自身も受け入れているような気がする だから どんな事があっても 一時は落ち込んでも それで人生を投げてない 
何年かして 被害者の家に出向いた時 被害者である老婦人の息子から「お互い 長かったな・・」とねぎらいとも思える言葉をもらう
こんな境遇でも必死で生きてる人がいるって 泣けてきそうになる本だったよ〜 

サギの写真は ちょっとばかりトリミングしてある (*^.^*ゝ
サンルームのサッシを開ける時も そ〜〜っと そ〜〜〜〜っと
慎重にしてたんだけどね あっと言う間に飛び立ってしまった 羽ばたいてる所が撮りたかったなぁ。。。
今日は 晴れ♪ 久しぶりに何の予定もないお休みで のんびりと掃除とかしてる〜
明日は出勤だけど 富山店に行く時の立山が楽しみ♪
のの ☆
2006/02/18 11:49
「白夜行」は活字で読めそうにないくらい恐いけど、このお話は読んでみたいですね。社会の目とか家族の絆について深く考えることが多いので。

カナダには体が青いアヒルもいるそうですよ。講義で習いました。
せおり
2006/02/18 16:07
白夜行は 息子が単行本を買ったので 今読んでる本が終わったら 読んでみようかぁって思ってるの かなり分厚い本だったけど〜
TVの方は 飛び飛びで見てたら 訳がわかんなくなってきて どうなってるんだろうって。。。(*^.^*ゝ
この本は はずみで人を殺してしまった兄と その理由が弟の為であり その中での弟のやり場のない切なさが 何とも言えない
はずみとは言え 人を殺めてしまった兄は 後悔の日々
それでも弟の事がいつも心配で手紙を書く
懺悔すれば 人を殺した罪が消えるのかって言えば そうじゃないし 被害者の遺族の心はそんな事で晴れるとは思えないし・・・
でも 殺人犯の身内って十字架を背負って 生きていくのは そんなたやすい事ではないんだよね・・・難しいです。。。

青いアヒル??見てみたいなぁ アヒルって白いって決め付けてたよ〜
のの ☆
2006/02/18 17:55
白夜行はσ(・ω・*千)も読んでみたいなぁ・・。
今は今頃?『4日間の奇跡』を読んでるよ〜まだ途中だけど^^:
予定日までもう20日きったよ〜いつ産まれてもおかしくないよ。
これ以上、体重増やすなって言われたから頑張って歩いてるよ。
毎日が(*v.v)ドキドキな日々だよ〜〜〜
またくるね^^
千佐
2006/02/18 23:23
千佐へ ☆
もうすぐだね!今日のお昼 CHI-の所を見に行ったよ〜 読書は目が疲れない程度にしておかないとダメだよ 気をつけてね♪
四日間の奇蹟 私も読んだ〜 これは 友達の旦那さんから借りた本だったけど 多分 自分で見つけた本なら買って本棚に置いといたと思う
不思議な運命のめぐり合わせ いい本だったなぁ。。
そうそう バレンタインはシフォンケーキを焼いたんだね?CHI-は手作りお菓子をよく作ってるから 簡単そうに書いてあったけど 私にも簡単に出来るかなぁ。。私 紅茶シフォンが 大好きなの 自分で作った事がないから 1回やってみようかなぁ
のの ☆
2006/02/18 23:40
そんなにきれいな青じゃないですが・・・一応これです。
http://collections.ic.gc.ca/sanctuaries/nwt/deweysoper.htm

ノート見返してみたら「優勢形質」だそうで。白より遺伝しやすいそうです。なんだか信じられませんね。
せおり
2006/02/18 23:41
お久しぶりです。
…益々写真の腕前↑アップっ!されたようで…いい写真ばかりっ!
『白夜行』…私 珍しくドラマ見てます!欠かさずに。。(笑)
随分前のキムタクの美容師のドラマ以来です(かなりのもんでしょ?(笑))
たまたま初回を見て…それから録画してます。重い内容で…すよね。
時分がもしそういう境遇だったら どうしただろう?って ついつい気持ちが入り込んで見てしまってます。
きっと活字だとドンナダロウ…って思うと原作も読んでみようかと思いつつ日常の雑事に追われるだけの日々です。
活字を読みたくなってタマラナイ日も…最近はなくなってしまい。。読書の話題がナクッて ごめんね。
なんだか〜〜益々…退化していきそうな??…日々で…悲しくなります。
そんなときに ののっちの写真… 綺麗な風景や鳥 花…を 見せてもらい コメントを読むと ホッとします。…分かる分かる…わたしもそうだよ!ってね(笑)
私には ありがたい写真&コメントばかりで…嬉しい。がんばります!
ありがとう!…また来ますね。。お元気で!
あびまま
2006/02/19 00:42
時分 …じゃないね。。自分です。。ほら〜退化してきました私(涙)
誤字…訂正させていただきます。 (最近自分のメールや文章すら読み返すのが億劫になってしまった〜これって ある意味ヤバイよね?)
すみませんでした。
あびまま
2006/02/19 00:45
僕だったら、どうしてあげられるだろう?
ちょっと答えが見つかりません。結構辛い話ですね。

僕のブログを見て頂くとわかりますが、鳥の写真はほとんどありません。それは、望遠レンズがないからです。(^^; こんな鳥たちの姿も撮ってみたいのだけど…。

これくたあ
2006/02/19 00:45
せおりさんへ ☆
見てきたよ♪ 確かに鮮やかなブルーではないけど 間違いなくアヒルの顔だった〜 でも あの文章を解読するには 1年ぐらいかかりそうだよ〜(┯_┯) ウルル ・・・って事で写真だけで納得(*^.^*ゝ
不思議だよね 世界には 色んな不思議がいっぱい♪
教えてくれてありがとう〜
のの ☆
2006/02/19 20:51
あびままへ ☆
久しぶり!元気してたかなーー 写真の腕は全くあがってないよ〜 だって 全然撮り方も勉強してないし 撮るチャンスもなかなかだったり・・気が付いたら夜は 早々と気絶してたりで(*^.^*ゝ←これは前からかぁ〜へたばってても 読書熱は冷めないんだぁ ここまでって決めても ついついもうちょっと・・・って(*^.^*ゝ
この「手紙」は 一気に最後まで読みたくて我慢出来なかった〜
最後は 弟は兄を許すのだろうか 愛する子供まで差別の対象になって 友達が離れていく現状をどうやって 克服していくのか・・気になって 途中で止めたら きっと寝れなかった 色んな問題を投げかけてくる本だったよ 白夜行は ちょっと飛ばしたら もうわかんなくなってきたけど 本でじっくり読んでみたいなぁ
先週は色んな人間関係で 振り回されたけど それも勉強になったわぁ
人の心って言うのは うつろい易いもんなんだなぁ。。って思ったり 人を悪く言えば 自分に返ってくるもんなんだなぁ。。とか 
あびままが 私の拙い写真で 少しでも元気になってくれるなら こんな嬉しい事はないよ♪その言葉で私も元気になるよ♪
のの ☆
2006/02/19 21:19
これくたあさんへ ☆
答えは見つからないですよね 私だって どうするかって読んだ後でもわかんないです 思ったことを実行出来る勇気があれば どんな綺麗事でも言えるんだけど いざその時になったら・・って思うと 自信がないです〜 でも この弟の生き方には感動しますよ♪
私のいつも使ってるレンズは ズームレンズなので 10mぐらい離れていても 何とか撮れるんだけど 生き物は難しいですね!なかなかいいタイミングがつかめないです〜(┯_┯) ウルル 
のの ☆
2006/02/19 21:31
 今の私にとって、本を読むって一番贅沢な事かもしれません。子供が小さいからしょうがないですが。

 鳥さんは、一部を除いて、なかなか警戒心が強いので撮らせてくれません。普通の写真だと広角28mm、標準50mm、望遠135mmなんて言われていますが、鳥屋サンの世界では、広角400mm、標準500mm、望遠600mmだそうです。3本合わせると定価で300万円弱ですね(^^;;;。我が家には、怪しい400mmがありますが、餌付けされていない野鳥を撮には、ちょっと短いです。鳥撮りは深くて恐ろしい世界ですので、ご注意を(笑)。
demidemi
2006/02/20 01:01
昨日,ドライブしていたら飛んでいる白サギをみかけました.街中だったので,不思議な光景でした.
これが,前にお話していただいた用水なのですね.自分で想像していたより広いなと思いました.白サギも立ち寄るくらいなので,何か魅力があるのでしょうか..?
カモの後ろ足がきが何だか可笑しいです.青い羽根,私も知りませんでした.
sunday driver
2006/02/20 20:55
demidemiさんへ ☆
うんうん わかります〜 私も子供が小さい頃は 本はずっとご無沙汰でしたもん♪上の子が産まれた頃は 未満児保育園も空きが無くて 半年ぐらいは仕事が出来なかったので その間は 生地を買ってきて子供の服を作るのが楽しくて〜 2歳ぐらいになると毎晩4冊ぐらい絵本を寝る前に読んであげてました・・・で 私も一緒に爆睡・・(*^.^*ゝ
でも 下の子の時は あんまりかまってあげられなかったなぁ・・

レンズ3本で 300万。。。。私なんか 10年かかっても払っていけそうにないです〜〜(┯_┯) ウルル
鳥撮りは私のズームレンズで 精一杯〜 恐ろしい世界はちょい怖い(*^.^*ゝ
のの ☆
2006/02/21 21:40
sunday driverさんへ ☆
そうです〜 先日 雪で真っ白になってた用水です♪幅は1mぐらいかなぁ・・・めだかとかざりがにとかも居るみたいですよ よく小学生が網を持って遊びに来てます 土曜日がお休みだったので ワンコの散歩から帰ってくると 子供達が3人ほどで遊んでました「そこ深いから危ないよ〜」って声をかけると何が居るとか 色々教えてくれました♪子供達の来ない朝は 鴨達のいい遊び場なんでしょうね 白サギも時々見かけるんですが 何があるんでしょう〜〜サギって何を食べるのかなぁ。。。結構 汚い用水なんだけどなぁ
鴨って羽は地味だけど 口ばしは黄色 足はオレンジ 何か地味だけじゃないんだぞって主張してるみたいじゃないですか?ブルーの羽も隠し持ってるとこなんかも憎めないですよね!
のの ☆
2006/02/21 21:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
「手紙」 東野 圭吾著 のの☆ 読書&写真が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる